2017年5月18日木曜日

【更新中】いわき昔野菜「おくいも」栽培記録(2017)

・4月2日 黒マルチを掛け定植

種芋は白く徒長した芽をかき、植付け1ヶ月程度前から日に当てて芽を育てる。夜間の冷え込みに注意。

10数年ぶりに使う畑のため無施肥。

種芋は大きめものは半分に、小ぶりのものはまるごと使用。半分にした切り口には灰を塗布。

黒マルチを掛け定植。株間30cm程度。


・4月24日 マルチ穴あけ

おくいも

芽が出てきたタイミングでマルチに穴をあける。


・4月27日 間引き

おくいも
 間引き前

おくいも
間引き後

1株あたり4、5本程度残す。


・5月9日 経過写真

おくいも

育ってきました。


・5月18日 経過写真

おくいも

おくいも

ぽつぽつとニジュウヤホシテントウ出現。様子見中。


・5月29日 経過写真

おくいも

着々と育っています。


ニジュウヤホシテントウ
ニジュウヤホシテントウ

ニジュウヤホシテントウもそれほどの影響はないようです。

収穫は6月下旬から7月下旬ごろ、葉が枯れてきたら収穫になります。


・6月15日 経過写真

おくいも

葉が若干萎れ気味になってきました。ニジュウヤホシテントウの他、ホオズキカメムシもけっこう寄ってきました。今年はこのまま様子を見ますが、来年は何か対策した方がいいかもですね。


・7月5日 葉が枯れる

おくいも

ほぼ葉が枯れました。結局周囲は草だらけになってしまいました。

梅雨が明けたら芋を掘り起こそうと思います。育っているでしょうか。