2017年8月30日水曜日

【失敗と改善】中身で勝負!!だけど、見た目も大事

先日発送したピクルスに問題発生。送り先より、ピクルスのラベルに傷、よごれ、ゆがみがあったとのご連絡をいただきました。

(今回のことに関してはすでに送り先の方とお話は済んでいるのですが、今後同じ失敗をしないように、改めて書いておこうと思います。)


【ラベルの傷、よごれについて】
これまでピクルスなどのビン商品の発送時には、ビン同士がぶつかって割れたりラベルが擦れて傷やよごれになってしまわないようにプチプチ(気泡緩衝材)を挟み込んで対応していました。今回はその挟み込みが甘くラベル同士が擦れて傷になってしまったのではないかと思います。
またラベルの貼り付け作業を行った時間、室内の湿度が高く、常温で保管していたビンもうっすら結露していたため水滴を拭き取りつつ作業を行ったのですが、そのこともラベルを湿らせ、傷つき(破け等)やすくしてしまった原因ではないかと思います。
今後は、ラベルの貼り付けの際は湿気のない部屋(エアコンをドライに入れた部屋)で行う。ビン詰め商品は個別梱包を行う。といった対策をとっていきます。


【ラベルのゆがみ等について】
またゆがみ等についてですが、加工商品のラベルに関してはデザイン、印刷、貼り付けまで全て自分たちで行っているため、印刷の仕上がりに色ムラがあったり、切り口のゆがみ、貼り付けた際に位置や角度が一定でないことが多々あります。この点は当然認識していたのですが、中身で勝負の手作り商品と言うことで自分たちである程度許容していた部分でした。
ただし、商品として販売している以上、お客様に気持ちよく買っていただけるようにしっかり基準を作りその範囲を守って作っていかなければなりません。今回ご連絡をいただいたというのは自分たちで許容していた「ある程度」が、お客様の側から見て「ある程度」ではなかったということだと思います。
もう一度、基準を見直し、中身で勝負!!だけど見た目もしっかり大事にして、丁寧に作っていきたいと思います。


***


こういったご指摘をいただけるというのは本当にありがたいことです。自分たちが気がついていない部分、ついつい忘れがち、甘くなりがちな部分、見直してより良い商品作りにつなげたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


夕暮れの空