2021年6月19日土曜日

【定期】家計の見直し(2021年6月)

仕事と生活がリンクする家族農業において、家計の最小化は、心強い生存基盤となります。

また、定期的な見直しを行うことで、自身や家族にとって価値があるもの、必要なものが何なのか、都度確認することがでるのではないかと思います。


・電気代とスマホ代

UQ mobileで、「でんきセット割」が始まりましたね。

UQ mobileのくりこしプランと、UQでんき、もしくはauでんきをセットで契約すると、月々のスマホ代が安くなります。税込の割引額は、くりこしプランS、Mで638円、Lで858円です。家族割グループであれば、10回線まで適用されます。うちの場合、父、母、私がSで契約しているので、合計1,914円ほどの割引になります。

これにより、私のスマホ代は、とうとう3桁の990円になります(笑)。通話は、楽天モバイルのRakuten Linkを併用しているので、だいたい無料。多少の通話料を含めても、1,000円ちょっとくらいで収まりそうですかね。

さらに、UQでんきとUQ mobileのセットであれば、電気代に応じたPontaポイントの還元もあります。

ただ、こちらは支払いの都合で、UQでんきの契約者(父)と紐づけるUQ mobileの契約者(私)が別名義なので、還元率は低く(5,000円未満 0.5%、5,000円以上8,000円未満 2%、8,000円以上 3%)なってしまうみたいです。まぁ、そのうち名義変更しようと思います。同一名義であれば、5,000円未満 1%、5,000円以上8,000円未満 3%、8,000円以上 5%の還元になります。

ちなみに、でんきとスマホが同一のau IDであれば高い方の還元率でいけるっぽい記述もあるのですが(これとか)、2019年8月28日のUQでんき提供開始のニュースリリースの注4部分の記述によると、やはりだめそうですね。UQスポットのスタッフの方も、そういう説明でした。

結果的に、電気代に関しては、おそらく微増になるのですが、スマホ代との差し引きで月々1,000円以上のマイナスにはなりそうです。年間だとざっくり12,000円ですね。けっこう大きいですよね。


***

ということで、定期的な家計の見直しでした。

節約と言っても、今回のような場合は、手続きさえやってしまえば、普段の使い勝手は何ら変わりません。取りこぼしなくやっていきたいですね。