2018年6月23日土曜日

『東京農業クリエーターズ』あたらしい農ライフをデザインする。(小野 淳 著)

読みました。




これまで都市農業というと東京などの都市部でやっている農業?くらいのざっくりした認識しかなくて、2022年の生産緑地法まわりの問題などははずかしながら初めて知りました。

農村部における農業とはまた全然状況が違うんですね。

そんな中、著者の小野さんが行われてきた「農」をさまざまに角度から捉えた農ビジネスには都市と農村という違いはあれどさわでも活かせそうな取り組みがたくさん!

農地が限られているからこそ、ただ農産物を販売するだけではないいろいろな農へのか関わり方が生まれるのですね。

さわも「拡大をしない」というのが経営方針のひとつですので、非常に参考になります。

「農業」ではなく「農ライフ」という言葉が印象的でした。


ファーマーズハウスさわ

また「農」を中心としたコミュニティや、都市のすき間を活かした農的な空間を「新しい里山」として捉えるという話しは、先日やり始めた「山で遊ぶ」にも通ずるものがあるような気がします。

アイデアひとつで出来ることはたくさんありますね。

山ではまず、1時間くらいのハイキングコースとお昼ご飯スポットを作ろうと思っています。

2018年6月18日月曜日

【バッファゾーンのデザイン】「山で遊ぶ」をもっと身近に!

最近、興味を持っているバッファゾーンのデザイン。

「人里」から「奥山」へと至る中間に「里山」というバッファゾーン、緩衝地帯があることが自然と人とがゆるやかに付き合っていく秘訣なんだと思います。

昔は生活(仕事)の中で山を使い、里山という環境が自然と形成されていました。でも今はそういう使い方はできません。と言うか、必要がなくなってしまいました。

実際さわでも農業という比較的自然相手の仕事をやっていて家の真後ろに山を背負っていても、ほとんど使いません…。


なのであればいっそ遊ぶ場所としてオープンに提供してしまったらどうかそれが結果としてバッファゾーンになり得るのではなかろうか

今回その実験として、ファーマーズハウスさわの「山で遊ぶ」を作りました。


【一日プラン】山で遊ぶ(お土産付き) ¥1,000(税込)

【年間プラン】山で遊ぶ(月額料金) ¥1,000(税込)


簡単なプランの説明ですが、まず単発一日の利用が1,000円になります。お土産として季節ごとの農産物または加工品が1,000円分付きます。

継続的な利用をご希望の場合は、月額1,000円の年間パスがあります。一年間いつでも使えます。こちらはお土産は付きませんが、一日あたりだと33円くらいになります。(ちなみに、いろいろ採集すればけっこうもともとれるんじゃないかと…。)

中学生以下は無料です。保護者の方が同伴してください。その他詳しくはリンク先ショップの各プラン詳細をご覧ください。


山で遊ぶ

今のところ想定している利用としては以下のような感じですかね。

・ハイキング
・お弁当を食べる
・写真撮影
・犬の散歩
・虫や植物の採集
・植栽
・研究活動
・アートな活動
・トレーニング


遊びじゃなさそうなのもちょっと入っていますがその辺はざっくりと。

もちろん山の環境を考慮していただきながらにはなりますが虫や植物の採集も可能ですし、逆に何か植えて育ててもらっても大丈夫です。自然公園などよりはもう少しいじって遊べる場所にしたいと思っています

他にもいろんな使い方ができるかと思いますので何かありましたらぜひご相談ください!

ただ林内での喫煙含む火の使用については禁止させていただこうと思っています。(ちなみにバーベキューは農園の方で可能です。)


おそらく都度調整は必要になるかと思いますが、「山で遊ぶ」をもっと身近にできたらいいなと思います

立地としてはこんな感じ。都内からも高速使えば2時間台です。

さわとしては山情報をTwitterでつぶやきつつ、林内の整備も進めていきます。どうぞ!どしどし遊びに来てください!


・関連投稿
バッファゾーンのデザイン(2018-6-13)

2018年6月14日木曜日

メールアドレスを変更しました。nakamurafhs"あっと"gmail.com

メールアドレスを変更しました。

nakamurafhs"あっと"gmail.com("あっと"を@にしてください)

になります。よろしくお願いいたします。

今までZoho Mailを経由することでGmailで無料で独自ドメインのメールアドレスが使えていたのですが、いつの間にか無料での経由(POP、IMAP、SMTP、FORWARDS)ができなくなっていました(たぶん…)。

ただ、以前設定したものはそのまま使えています。また、Zoho Mail本体で使う分には無料で独自ドメインが使えます(たぶん…)。

そんなわけで、持続性を考えてGmailにしました。

(一応、以前のメールアドレスもしばらくは通じます。)


***

ズッキーニ畑

昨日は久々にすっきり晴れましたね。

UFOズッキーニも一気に育ってきました!

2018年6月13日水曜日

バッファゾーンのデザイン


草茫々。今年も緑溢れる季節になりました。刈っても刈っても追いつきやしません。


こういう場所で農業をやっていると考えるのがバッファゾーンをいかにデザインするかということです。

自然と人の生活圏との緩衝地帯ですね。ざっくり山とか里山と言ってしまった方がニュアンスとして伝わるかもしれません。

人の手が全く入らない自然と隣り合わせで生活するというのはけっこう厄介なものです。イノシシとか出てきますし…。

でも今、農業という比較的自然相手の仕事をやっていて家の真後ろに山を背負っていても、ほとんど行く用事ってないんですよね。

行くとしても竹や木が育っちゃって伐らなきゃいけないとかそういうことで。全然積極的には行かない。

でもそうするとより厄介になり、より足が遠のくという負のスパイラル。

じゃあ今の時代、山はただのお荷物なのかと言われると本当はそんなことはなくて食べれるものはたくさんあるし、犬は散歩すればはしゃぐし、何か遊べるものだってあれこれけっこうあるんです。

ただもっと使いやすくしないと今のままだと使えない。使おうと思えない。

農園は人強めで自然少々という感じですが、自然強めで人少々といった感じの山がバッファゾーンとしてあった方が地域としても、農園としても、個人的にも面白くなると思うのです。


だから気力や義務感からではなく、楽しく持続的に山を使う仕組みを作れないものだろうか。

ふわっと書いたら抽象度高めになりました。


外部リンク
EICネット[環境用語集:「バッファーゾーン」]

2018年6月11日月曜日

日本初のフェイジョア栽培農家『楽・農・人 ゆうゆうファーム』(いわき市小川町)

フェイジョアの花

いわき市小川町でフェイジョアという果実を栽培されている『楽・農・人 ゆうゆうファーム』さんに見学に行ってきました。

ゆうゆうファームを経営される丸山さんはニュージーランドで出会ったフェイジョアの花の美しさと完熟した実の放つ香りに惚れ込みそれまでの仕事を早期退職、フェイジョアを栽培するために2003年にいわきに移住されます。

しかし初めての農業は分からないことだらけ、しかもフェイジョアは当時ほとんど知られておらず日本で栽培方法を教えられる人もいなかったそうです。

それから再びニュージーランドにて栽培のノウハウを学び、2007年より日本初のフェイジョア栽培農家となりました。


***

フェイジョアは日本では特別防除が必要になるような病害虫がいないため無農薬での栽培が可能なのだそうです。

一方でニュージーランドで受粉を媒介してくれるハチドリのような小鳥が日本にはいないためひとつひとつ手作業で受粉が不可欠。特にほどんどの品種が自家不結実性のため、別の品種の木から花粉を持ってこなければいけません。大変…。

きれいに花の咲いている今の時期はひたすら受粉作業。この日はボランティアの方もいらしていました。

楽・農・人 ゆうゆうファーム


フェイジョアの花

花びらは甘くて美味。エディブルフラワーと言うやつですね。反り返って丸まった頃が食べごろだそうです。写真だとちょっと分かりづらいですがけっこう肉厚。ニュージーランドなどでは一般的にサラダなどにするみたいです。ゆうゆうファームさんではこの花びらでジャムを作られています。


果実の収穫は11月から12月頃。ゆうゆうファームさんでは最高品質のフェイジョアをお客様にお届けするためにひとつひとつの実をタッチピックという方法で収穫。追熟させ、ここというタイミングでお送りしているそうです。


***

また、移住当初のお話や経営のお話などもお聞きしました。情熱を持ち、1から積み上げてこられた方のお話はとても勉強になります。

それから何でも自分で作ってしまっていて、ソーラーパネルとトラックのファンを使った自作のビニールハウスの排熱システムは椎茸のハウスでも真似したいところ。太陽が出たら回り、曇ったら止まるスイッチ入らずの直列接続…確かに一番便利。


楽・農・人 ゆうゆうファーム

お忙しい中お話聞かせていただき本当にありがとうございました!

果樹、畜産、お米、野菜、きのこ…一口に農業と言ってもやっぱり全然違いますよねぇ。楽しいなぁ。しっかり咀嚼して血肉にせねば…!


『楽・農・人 ゆうゆうファーム』さんのサイトはこちら。草野心平記念文学館すぐのところにあります。