2018年4月18日水曜日

【農家のマネープラン】老後のはなし

農家のマネープランについて。

農業をはじめるときにやっぱり心配なのがお金のこと。農業経営自体とはまた別に、例えば自営の農家の老後のことなど。

この辺がある程度安心できるとというか算段がつくと就農に対するハードルもひとつ下がるのではないかと思います。

私も畑で倒れるその日まで元気に楽しく働き続けるつもりですけども、先のことは分かりません。であれば、できる限りの想定と悔いのない対策が大切です。


人口が減少してこれから一層の少子高齢社会へと進む日本にあっては、社会保障についてもいつまでも現在と同じレベルで受益できるとは考えられません。今後は一定の自助努力が求められるようになってくるはずです。40代以下くらいの世代はとくにですかね。自営業者ならなおさらです。

老後に関わる制度を考えてみると、まず国民年金があります。

国民年金は老齢年金としてだけではなく、万が一の際には障害年金や遺族年金にもなります。未納が問題になっていますが必須です。

一方で、会社員や公務員のように厚生年金がありませんので上乗せ部分は自分で作らなくてはなりません。

それには、付加年金、個人型確定拠出年金(iDeCo)といった制度を利用することができます。農家の場合、iDeCoではなく農業者年金という選択肢もあります。(参考:【農家の年金】「農業者年金」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」はどちらを選ぶべきか

さらに、つみたてNISA、小規模企業共済といった制度もうまく利用したいところです。

国民年金以外はやるやらない個人の自由ですが、これらの制度は拠出や受け取りの際に控除がきいたり運用益が非課税になったりと、同じ金額をただ貯金するよりも非常に有利です。


例えば、運用益が非課税になるiDeCoとつみたてNISAを満額積み立てると毎月およそ10万円、年間120万円になります。このふたつは運用商品も自分で選択できますので、過去の年平均リターンが5%程度の株式の投資信託で運用したとすると、(同様のリターンが今後も続くという仮定の上で)20年後には元金2400万円がおよそ4000万円になります。iDeCoは掛金の控除もできます。

捕らぬ狸の皮算用ではありますが、こういった計算をしておくと老後や各ライフステージのイメージが持ちやすくなるのではないかと思います。あとは変化に合わせて都度調整していけばいいですからね。


加えて、「生活費+事業資金+将来に向けて必要な積立」が年間いくらくらいなのかを把握しておくとどのくらい稼がなきゃいけないのかも具体的に分かります。そうするとどういった農業経営を目指すのかという部分も組み立てやすくなるのかなと思います。


自営業の老後というと「やばい」というイメージが強いですが、用意された制度をうまく活用することで意外となんとかなる気がします。


(私が調べた範囲で書いていますので間違いがあるかもしれません。個々の制度の詳細についてはぜひご自身でご確認ください。)




***

コケモモときな粉

コケモモときな粉。仲がいいのか、わるいのか。微妙な距離感です。

2018年4月15日日曜日

春の庭の写真など(2018-4-15)

春の庭

花爛漫。よい季節ですねぇ。


きな粉(猫)

きな粉。

虫や小動物が増えてきて楽しそうです。毎日畑についてきます。


コケモモ(犬)ときな粉(猫)

コケモモときな粉。


マメ(猫)ときな粉(猫)

マメときな粉。

力関係は、なぜか

○コケモモvsマメ●
○マメvsきな粉●
○きな粉vsコケモモ●

という三竦み状態になっています。


花海棠(ハナカイドウ)

花海棠。満開一歩手前。


草木瓜(クサボケ)

草木瓜。満開。


今年は全体的に例年よりも開花が早いですが、花桃はぜか遅いみたいです。まだ蕾です。

そして、花の見頃が終われば緑とのたたかいの季節がはじまります…!

2018年4月12日木曜日

安いパソコンを使いこなす!(ASUS VivoBook X207NA)

仕事用に使っているMacBook Airの不具合でラベルの印刷ができないというトラブルがありまして、今後も同じようなことがあるとよろしくない、ということで安いパソコンを一台購入しました。




ASUSのノートパソコン、VivoBook X207NA(11.6型)。OSはWindows10。お値段なんと2万円台…!もう、ちょっといいスマートフォンより安いですね。

スペックはリンク先Amazonの詳細情報を見ていただくとわかりますが、まぁ安いパソコンです。(今現在HDD容量の記載が32000GBになってますが32GBですね。)

今このブログもそのパソコンを使って書いているのですが…使い心地もじつにそれなりという感じです。(そういえば以前、同じくASUSの安いスマートフォンZenfone Goを使っていたのですがやはりそれなりでした。)


とはいえ、万が一の時の印刷目的なので、あとはネットがストレスなくできれば十分なのです。

基本的にデータは全部クラウド上(Google ドライブとMicrosoftのOneDrive)に置いてあるのでHDD容量はあまりいりません。32GBあれば間に合います。

書類なんかもGoogle ドライブのドキュメント、スライド、スプレッドシートでほぼ済みますし、ファイル形式としてOfficeのものが必要な場合はOneDriveの方で対応できます。

またセキュリティ面からもパソコンのローカルフォルダにポンとデータを入れておくよりは安全な気がします。いろんな場面で。

パソコンもスマートフォンもクラウドを駆使しつつ自分に必要な機能を把握しておくとけっこう安めの機種でもまかなえてしまいます。

むしろ、個人的にはぎりぎりスペックの見極めが趣味です。


ただ今回はちょっと誤算がありまして…

食品表示のラベル印刷にbrotherのQL-800というプリンターを使っていて、データの作成には専用のP-touch Editorというアプリを使うのですが、MacBook Airで作ったまんま印刷しようとするとこちらのパソコンにも同じフォントデータを入れておく必要があるのです。

わずかばかりのHDD容量ながら一応は入るサイズだったのでフォントデータを全部放り込んだところ、アプリ上のフォント一覧がモザイク化…(写真を拡大するとどういうことか分かると思います)。圧倒的メモリ不足!



仕方ないので追加した大量のフォントデータ削除のため一旦初期化して全て再設定。フォントデータの追加はあきらめて、こちらのパソコン用にラベルデータのフォントを変更することで対応しました。こんなこともありますね。


自分のパソコンとしてはたぶんXP以来、久々Windowsだったんですが10いいですね。ただラベルやポップなどを作るときはやっぱりMacの方がやりやすいんですよねぇ。

今のMacBook Airももう4年くらい使っていますので、そろそろ次のメイン機考えないとですね。どうしよう。




さわで使っているbrotherのラベルプリンターQL-800。これも安価なモデルですが機能的には十分です。

2018年4月9日月曜日

【読書】『農で1200万円!「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』。あえて規模拡大を求めないという最適解。

しばらく前に読んだ本ですが、「風来」という石川県能美市の農家の方は借金、補助金、農薬、肥料、ロス、大農地、高額機械、宣伝費が全てゼロの経営をされているそうです。



タイトルに「日本一小さい農家」とある通り農地面積は30aの畑と小さなハウス3棟のみ。

専業農家としては本当にめちゃくちゃ小さいですが、野菜セットや加工品を作って販売することで年間1200万円を売上げ、利益も600万円になっているとのことです。ふつう農業でかかる費用がゼロばかりなので利益率はなんと50%!

さらにこの1200万円を年間売上基準金額として、多くも少なくもなりすぎないようプラスマイナス5%の範囲で調整しているそうです。


売上の下振れだけでなく上振れも抑えるというのは一見変な話の気もしますが、売上を右肩上がりに毎年増やすとなれば当然新たな農地の確保、資機材・設備への投資、場合によっては雇用も必要となります。

自然相手の仕事ですから天候リスクもあります。とくに近年は全国持ち回りなのかと思うような頻度で信じられないような自然災害が発生しています。

そして、生産量が増せばその分だけ価格変動の影響も大きく受けます。

栽培の仕方も小さな頃と同じようにはできないでしょうし、経営体としても法人化の必要性が出てくるかもしれません。同じ農業でも経営の難易度は格段に上がります。

ゼロ経営は拡大しないことが肝なのですね。


農業で家族が暮らしていくだけの収入を安定的に得るということを目標とするならば、規模拡大を求めず固定費を抑え、6次産業化によってリスクの分散をしながら一定の売上と利益率を確保するという方法は、現状ひとつの最適解ではないかと思います。

風来の経営は非常に参考になります。


軽トラの荷台のきな粉

2018年4月6日金曜日

【ブログ】HTTPSにしました。

当ブログに利用している blogger が独自ドメインのHTTPSに対応したので早速変更しました。

URLが http://www.nakakamado.com から https://www.nakakamado.com に変わりますが、今まで通りアクセスしていただければ新しいURLにリダイレクトされます。

今後は暗号化されたセキュアな接続でブログを閲覧いただけます。

今後、ブログもより一層活用していきたいと考えています。


余談になりますが、Googleのブログサービスである blogger は(日本では利用者が少ないらしいのですが)使い勝手が良くとてもおすすめです。

無料で、独自ドメインにも対応、広告非表示(当ブログでは広告を掲載しています)、カスタマイズの自由度もかなり高いです(自分で調べながらやる必要がありますが)。今回行ったHTTPS化もボタンひとつで無料でできます。

独自ドメインについては最近もはや必要なのかよく分かりませんが仮に必要な場合、メールは Zoho Mail 経由で Gmail もしくは Outlook.com で利用し、サイトは blogger で自分で作れば費用は年あたりドメイン料金の千円程度でおさまります。

小さな事業者であればこれで十分な気がします。


コケモモときな粉

2018年4月2日月曜日

2018年の夏野菜ラインナップ

2018年の夏野菜の主なラインナップです。

ミニトマト
・ピンキー(赤)
・きら〜ず(黄)

キュウリ
・ピクルスキュウリ

ズッキーニ
・ホワイティ(UFO白)
・グリーン(UFO緑)
・サンバースト(UFO黄)
・自採り種 5世代目(UFO)
・トロンボンチーノ

とうがらし
・万願寺とうがらし
・黄とうがらし
・紫とうがらし


概ね例年通りですね。この他、漬物用に四葉キュウリや水ナス、梅干し用に赤シソ、ピクルス用にディルなどを育てます。

ちゃくちゃくとメンダコ型に近づいているUFOズッキーニ自採り5世代目の種もどんなものができるか楽しみです。


コケモモときな粉

2018年4月1日日曜日

【夏野菜の種まき2018】ナメコ廃菌床を利用して温床を作ってみました。


今年も3月中旬頃に夏野菜の種をまきました。種は地元の矢吹種苗店さんから購入。いろいろ教えてもらってちょっと種まきが上手になったような!ような!発芽もよく、元気に育っています。


それから今年はナメコ廃菌床を使い、種の発芽とその後の生育を助けるための温床を作ってみました。


いわき市東田町のすずき農園さんからいただいているナメコの廃菌床(ナメコを栽培し終わった培地)。



廃菌床はナメコ菌がびっしり。積んでおくと自然と発酵して高温になります。

↑写真は掘り起こしたところのものですが、下の方の白っぽい塊がナメコ菌。もわっとしているのが蒸気です。

この熱を利用して温床にします。



と言っても、難しいことは何もなく至って簡単。

①ビニールハウス内に敷き詰め

②軽く整地



③上にビニールを張って…

④完成!

(水やりをした際に溜まって根腐れなどしないよう、一応ビニールには穴を開けておくか、もしくは有孔ポリなどを使うのがいいかと思います。)


ちなみに、未完熟な状態のものを入れているので、この場所は今年は栽培には使えません。

通常は発酵が終わり、熱がおさまった完熟の状態で堆肥として畑に入れます。

もし当年中に同じ場所を栽培に使いたいのであれば、地面との間にビニールか板を敷いて、こぼれないように枠でも作っておけばいいのかもしれません。



ということで、なめこ廃菌床温床(ややこしい)の上に種をまいたポットを入れ、ビニールトンネルを掛けて種まき完了。

後日最低温度を確認したところ、夜間0℃近くまで落ちた日でも10℃程度を保っていたので温床としての役目は十分果たしているようです。


自分のところの資源はもちろんですが、こうした地域内でもうまく連携して資源を回せるような農業ができるとおもしろいと思います。日々試行錯誤です。