2019年12月1日日曜日

【家計の見直し】電気の契約を基本料金0円の「楽天でんき」に変更しました。【電力自由化】

さわでは電気を家と加工場とハウス施設と動力(低圧電力)で4つほど契約しています。

家、加工場、ハウス施設に関しては2016年4月の電力自由化のタイミングで、当時auのスマホを使っていたこともありポイント還元分お得になる「auでんき」に変更しました。動力はまだ対応プランがなかったため東北電力のままに。


そこから3年半程使ってきたのですが、改めて見直してみました。

すると、けっこう劇的に安くなる事が判明…!

というのも、ハウス施設などは電動ポンプ等を使うため当然電気の契約が必要なのですが、使用量がとても少ないのですね。そのため、料金がほぼ基本料金のみという状態なっていました。

なので、基本料金0円というプランのあるところで電気の契約をすると、ほぼ基本料金分そのまま安くなるのですね。

電力自由化になり電気の契約にも様々なプランが出てきました。初動が早すぎましたね。笑

基本料金0円のプランを提供している新電力は「Looopでんき」や「あしたでんき」などいくつかありますが、最近入門した楽天経済圏の楽天エナジーが提供する「楽天でんき」にしてみました。

楽天でんきは、支払いに期間限定を含むポイントが利用できたり、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象(+0.5倍)になっているのもメリットとして大きいです。恐るべし楽天経済圏。


基本料金0円プランの特徴は、一般的に3段階に設定されている電力量料金が一律の単価に設定されていることです。

例えば、東北電力の従量電灯B・30Aの場合、基本料金990円に加えて、120kWhまで18.58円/kWh、120kWhをこえ300kWhまで25.33円/kWh、300kWhこえると29.28円/kWhという具合になります。

一方、楽天でんきですと、従量電灯B・30Aに相当するプランSで基本料金が0円、電力量料金が一律26.5円/kWhとなります。

単純に電力量料金のみで比べてみますと、料金の大半が基本料金になってしまうような使用量が少ないパターン。または300kWhをこえる分が多いといったパターンでお得になる感じですね。

その中間ですと、基本料金分を差し引いても割高になることがあるので注意が必要です。また場合によっては、アンペア数自体を落としてしまえば基本料金も安くなりますので、使い方次第ですね。

実際には楽天でんきの場合には楽天スーパーポイントの付与もあるので、さらに若干有利です。楽天でんきのサイトでシミュレーションしますと詳細がわかります(↓)。

電気代を節約したいあなたへ【楽天エナジー】

そんなこんなで、4つともシミュレーションした結果、1つ大幅に、2つそこそこ、1つじわっと、合計すると年間2〜3万円程度料金が下がるとのことで、動力を含め、4つとも楽天でんきに変更することにしました。

申し込みで2000ポイントがもらえるキャンペーンも常時(?)やっているみたいです。


自身の状況もサービスも刻々と変化します。やはり、定期的な家計の見直しは大切ですね。


・関連投稿
先日は、父、母、私のスマホをUQ mobileの「スマホプラン」に揃え、家族割を適用できるようにしまして、月あたり約900円、年間1万円程度の節約ができました。

【節約】UQ mobileの新「スマホプラン」に変更。家族割適用でトータルお得に!


人口減少・少子高齢化の進む現代は「普通」のハードルが高くなっています。一方で価値観の多様化により「普通」にこだわる必要性も低くなっています。自らが何に価値を見出していくかということが一層問われる時代なのかもしれません。

人口減少・少子高齢化の時代を生き抜く節約術


・広告
【楽天エナジー】


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年11月28日木曜日

収入保険 加入一年目の感想【農業保険】

農業共済組合(NOSAI)の収入保険に加入しておおむね1年が経過しました。先日、来年の契約の手続きがあったので1年目の感想など少し書いてみようと思います。

まず、率直な感想としては加入してよかったです。やはり、家族経営で農業をやっていく上で安心感は何ものも代え難いですね。


収入保険は今年から新たに始まった農業の保険制度です。個人もしくは法人の農業者で、青色申告を行っていることが加入の条件となります。

経営努力では避けようのない農業収入減少に対して補償が受けられます。例としては以下のようなものが挙げられています。

「農業経営の収入保険:農林水産省」より

・自然災害や鳥獣害などで収量が下がった
・市場価格が下がった
・災害で作付不能になった
・けがや病気で収穫ができない
・倉庫が浸水して売り物にならない
・取引先が倒産した
・盗難や運搬中の事故にあった
・輸出したが為替変動で大損した

事故発生時、金額ベースで被害を見て補償をしてくれるので、栽培品目をまとめてカバーすることができます。また、農産加工品についても材料(事業消費)分は含まれます。


さわでは昨年まで当然加入(強制加入)が定められていた水稲共済に加入していましたが、品目が限られ、被害を収量ベースで見る農業共済では、やはりいざという事態に心許ないというのが正直なところでした。原木椎茸などの他品目はもちろん、水稲に関しても収量減少以外の例にあるような事態には対応できないですからね。

そのため、共済には頼らず備える必要性を感じていました。↓の投稿などですね。

守りの農業経営 〜1年間売上がなくても事業を継続できる状態〜

しかし、自力での備えにはそれなりの時間がかかりますし、その間もリスクにさらされ続けるわけですから、結局は綱渡りになってしまいます。

農業経営は、収益性の低さとリスクの高さから攻守のバランスをとるのが本当に難しいです。災害が頻発する昨今は尚の事です。そうした中、この収入保険は心強いですね。セーフティネットがあればこそ、攻めの比重を高められます。

さわのような小規模・多品目・直売メインの農業者にも相性が良いように思います。

ちなみに、国費による助成が重複しないよう、収入保険と水稲共済などの類似制度は併用できないようになっています。


さて、補填は以下のイメージのようになります。積立方式と保険方式の二段構えになっています。

「農業経営の収入保険:農林水産省」より


若干ややこしいかもしれませんね。詳しくは農林水産省のページをご覧ください。


掛金に関しては、保険料、積立金、事務費がかかります。

国庫補助もあり、それほどの負担感はないように思いました。ただ、1年目は積立金部分の支払いがあるのでやや金額が大きくなります。積立金を使わなければ、2年目からは保険料+事務費のみとなりますのでぐっと下がります。

収入=売上で掛金が決まるので、利益率が高いほど保険の効果も高まるということになりますね。

保険料率は、自動車保険のように保険金の受け取りがなければ下がっていきます。

来年(令和2年)からは支払率の選択幅が広がり、補償下限も選択することができるようになるとのことで、フレキシブルに、より保険料を抑えた加入の仕方も可能となります。


ということで、収入保険1年目の感想でした。


繰り返しになりますが、日々の備えの重要性をヒシヒシと感じています。収入保険に限らず、いつ何時いかなる状況にも微笑みながら対応できるよう準備しておきたいところです。

農業において大切なことは続ける事だと思っています。続けて、次の世代にバトンタッチする。そうやって、目まぐるしく変化し続ける世の中で連綿と営まれ続けて来たわけです。

大変な時代ですが、みんなで生き抜きましょう。


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年11月11日月曜日

【読書】売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放(中村朱美 著)

どうも、こんばんは。

本屋さんをフラフラしていたら面白そうな本を見つけました。



『売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放(中村朱美 著)』


「佰食屋」という、1日100食限定でランチをやられている京都のお店(飲食店)の方が書かれた本です。

「働く上限を決めてその中でしっかり利益を出して、残りの時間は自由に使う」というコンセプトとのこと。

しかも大阪府北部地震と西日本豪雨を機に、さらに半分の50食でも成り立つ経営の形にしたそうです。

さわの場合も規模拡大しない農業をやっていこうと思っているので、非常に共感する部分が多かったです。

価値観は人それぞれですが、売上げと投入する労働力を限定して時間を大切にするという働き方が選択肢としてあってもいいのかなと。

一方で、おそらく家族経営規模であればそれなりにあり得る形だと思うのですが、従業員を雇用しつつというのがすごいなぁ、と農業基準で。まぁでも、他の業種でも基本的に難易度高いですよね、たぶん。


農業で売上を減らす(決めた)経営を目指すとなると収量や価格のブレをいかに抑えるかという部分が肝になるかと思います。

難しいですが、工夫しがいのある面白い部分でもありますね。


以前読んだ本の「風来」という農園がまさに売上げを決めた経営をされていました。

『農で1200万円!「日本一小さい農家」が明かす「脱サラ農業」はじめの一歩』。あえて規模拡大を求めないという最適解。


原木椎茸


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年11月4日月曜日

ちょっと飽きてきた、キャッシュレスとポイ活(2019年11月〜)

-----
キャッシュレスとポイ活まとめ(こちらで新しい投稿から一覧にしています。)
-----

最近、キャッシュレスの熱狂も若干落ち着いてきた感がありますね。

私もちょっと飽きて…もとい、落ち着いてきました。主にポイ活の方ですね。

アンケートやミニゲームみたいなものでポチポチ貯めるのも最初は新鮮味があって面白かったのですが、まぁすぐ面倒になりますね。

やはり、決済に紐付けて自動的にポイントが貯まる仕組みを作り上げてしまうのが一番な気がします。

あとは、旅行の予約や新しいクレジットカードの発行などの際に忘れずにポイントサイトを経由するようにしたいですね。

ポイントサイトはモッピーをメインに使っています。



経由用のリンクをスマホのホーム画面に作っておくと便利です。


さて、今月からのキャッシュレス決済とポイ活の布陣です。キャンペーンなどは考慮していません。


【キャッシュレス決済】
・PayPay
Yahoo!Japanカードの紐付けでトータル還元率2.5%(PayPay1.5%+Yahoo!Japanカード1%)。

・Kyash
楽天カードの紐付けでトータル還元率2%(Kyash1%+楽天カード1%)。

・Suica
ビックカメラSuicaカードからのSuicaチャージで還元率1.5%。
鉄道利用時はトータル還元率2%(ビックカメラSuicaカード1.5%+JREポイント0.5%)。
ちなみにモバイルSuicaならトータル還元率3.5%(ビックカメラSuicaカード1.5%+JREポイント2%)になるので次回のスマホはおサイフケータイ対応端末を購入予定。

・楽天ペイ
期間限定の楽天スーパーポイント消費用。還元率0.5%。
楽天カードからの引き落としにすれば還元率1.5%(楽天ペイ0.5%+楽天カード1.5%)になる。

・LINE Pay
LINEポイント消費用。還元率0.5%。
前月の支払い実績によって還元率が変わるマイカラーの制度で最高2%還元ですが、10万円は絶対に使わない…。


【ポイ活】
メインでTポイント、サブで楽天スーパーポイントを貯めています。

Tポイントが貯まるYahoo!Japanカードは引き落とし系のものとPayPay、楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードはKyashで利用しています。

その他、ポイントサイトで貯めたポイントはTポイントへ交換。

TポイントはSBI証券、楽天スーパーポイントは楽天証券でそれぞれ投資信託の購入にあてています。

元がポイントなので迷う事なくフルインベストメント。あとは棒グラフを作って眺めて遊んでいます。(笑)


***

おおよそですが、平時の月あたりの投資信託購入は1000〜1500ポイント分くらいに落ち着きそうな塩梅です。加えてボーナス的なポイントですね。

その他に期間限定ポイントなど投資信託の購入には使えないポイントは普段の買い物などで使えますので、トータルすると家計に対してもまぁまぁのインパクトになります。

いや、あくまで趣味なんですが。

楽天スーパーポイントについてはまだ全容を把握しきれておらず、たぶんもうちょっとがんばれる気がします。

昔から楽天は登録すると迷惑メールのようにメールが来たり、サービスが無駄にややこしかったりというイメージがあって(あくまでイメージです)敬遠していたのですが、やっぱりちょっとややこしいですね。(笑)


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年10月30日水曜日

災害が頻発・激甚化する時代をどう生き抜くか

台風19号、本当に大変な災害となってしまいましたね…。

2週間後には低気圧と台風21号の影響によるさらなる大雨。

町内でも川の越水や土砂崩れが数か所発生しました。

幸いさわではみな無事で、圃場の浸水などは多少あったものの、致命的な被害とはならずに済みました。


***

東日本大震災以降、災害の頻発・激甚化が顕著になっているような気がします。種々データをあたりましてもやはり発生件数は増加傾向にあるようです。

今回のような台風、低くない確率で発生が予測されている大地震など、社会基盤そのものを破壊してしまうような災害に対して、命と生活を守るために日頃どんな備えができるのか。改めて真剣に考えねばと思うところです。

特に、私たちのように生活と仕事の場が一体化している農家や自営業者は両方を同時に失うリスクも高いわけで、対策の重要性は一層増します。

これからの10年、さらにその先の10年というスパンで人生設計や経営計画を立てるにあたっては、理想のシナリオのみならず、ある程度コンサバティブな見積もりの上に非常事態も起こり得るものとして備える複数シナリオが必須なのではないかと思います。


***

そして、結局はコツコツと足元を固め、レジリエンス向上を図っていくしかありません。

これまでに進めてきた台風時の一連の対応確認や資機材の整理整頓については今回も確実な効果がありました。

加えて、以下の点を定期的にやっていければいいかなと思っています。


・ハザードマップの確認と被害の想定
 →自治体のハザードマップ、国土地理院の地理院地図(電子国土Web)等で確認。自ら歩いてみて危険な箇所を把握。

・社会インフラ毀損時のシミュレーション
 →電気、ガス、水道、交通等が止まった時に何が困るのか、どう対応するのか。何ができて、何ができなくなるのか。

・経営計画の見直し
 →理想のシナリオでは進まないという前提のもと、複数シナリオの経営計画を準備。無理はしない、頑張らない、へこたれない。平常心で地道にコツコツ。

・保険・共済の見直し
 →発生によって農園の存続が危ぶまれるような事態については基本的に保険や共済に加入しておく。利用できる公的な制度も把握しておく。最悪の事態にも経済的な部分だけはダメージを軽減できるようにしておく。


***

原木椎茸栽培

そんなこんなでいろいろありますが、私は私にできることをしっかりやっていきたいと思います。

今年はとても良い感じにホダ木作りができたようで、秋口から品質十分の原木椎茸がめきめき育っています!


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年10月8日火曜日

【節約】UQ mobileの新「スマホプラン」に変更。家族割適用でトータルお得に!

久しぶりにスマホのプランを見直し。抜かりなき節約には定期的な支出チェックは必須です。



10月1日の法律変更に合わせて各キャリア、MVNOで新プランが出てきましたね。私が使っているUQ mobileでも新たに「スマホプラン」ができました。

少し前までは両親と3人まとめて、UQ mobileの「データ高速+音声通話プラン」(データ容量3GB、無料通話なし)とOCNの「OCNでんわキャリアフリー」(10分以内かけ放題)で運用していまして、1人あたりの月額料金が1680円(UQ mobile)+1000円(OCN)=2680円(税別)でした。

その後、私は通話時間が減ったので「OCNでんわキャリアフリー」を解約。

母 2680円
父 2680円
私 1680円

旧 3台トータル >>> 7040円

ここに私の通話料金が多少(100〜200円程度)プラスされる感じでした。


さて、新プランです。

新プラン場合、これまでと同じデータ容量3GBですとスマホプランSで1980円になります。

-----
・スマホプラン
S(3GB) 1980円←これ
M(9GB) 2980円
L(14GB) 3980円

・通話オプション
通話パック(60分/月) 500円
かけ放題(10分/回) 700円

・家族割
2台目以降 500円割引
-----

父はこれまで通りかけ放題(10分/回)のオプションをつけて2680円。

母は通話パック(60分/月)で十分とのことで2480円。

私は通話オプションなし。

さらに2台目以降の母と父の分は500円割引になる家族割を適用。

母 1980円(家族割)
父 2180円(家族割)
私 1980円

新 3台トータル >>> 6140円

見直しの結果、月額料金が900円ほど減りました。

年間10800円減ですからそれなりのインパクトですね。OCNでんわの専用アプリを使わなくていい分、使い勝手としてはむしろ良くなってますね。

プランが変更されるのは申し込みの翌月からということで適用は来月から。 

-----
追記(2019-11-1)
スマホプランへの変更が完了してからでないと家族割の申込みができないとのことで、スマホプランの適用と家族割の適用には1ヶ月のタイムラグができてしまうようです。

〈例〉
10月 スマホプランへの変更申込み
11月 スマホプラン適用/家族割申込み
12月 家族割適用
-----




ちなみに、以前のプランと同様に通信速度を落としてデータ消費をゼロにする「節約モード」、余ったデータ容量の繰り越し、足りない場合のチャージにも対応。このあたりの機能のおかげでUQ mobileの場合、データ容量3GBでもなんとかなってしまうんですよね。

通信速度も現状ストレスなし。節約モードの速度でもLINEなどは普通に使えますし、動画も低画質であればまぁまぁ観れますね。

格安スマホならUQ mobile

au回線で問題ない方であればとてもおすすめです。


基本的にスマートフォンの通信費はAndroidのエントリーモデルからミドルレンジモデル(の安めの方)のSIMフリー端末を格安SIMで使えば、だいぶ抑えられるんじゃないかと思います。

まぁとはいえ、日常的に使うものなので過度にしぼってストレスを溜めるのもどうかと思います。どの程度の端末、プランであれば自分にとって過不足なく使えるかという把握が肝要ですね。

それから、新規もしくはMNPで乗り換えなどの場合はモッピーなどのポイントサイト経由で申し込むとポイントが貯まりますよ。一緒にポイ活しましょう(笑)。

話題のポイ活 はじめるなら、モッピー!


ということで趣味の投稿でした。


・関連投稿
消費税増税とキャッシュレスとポイ活

人口減少・少子高齢化の時代を生き抜く節約術

自営業者として押さえておきたい年金のポイント【人生100年時代】


・広告
UQモバイル


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年10月5日土曜日

消費税増税とキャッシュレスとポイ活

-----
キャッシュレスとポイ活まとめ(こちらで新しい投稿から一覧にしています。)
-----


消費税増税、キャッシュレス化の波に生活者としていかに向き合うか、ぐちゃぐちゃな10月が始まりましたね。ということで、趣味の投稿です。


最近キャッシュレスをいろいろ調べていたらポイ活にもハマってしまいました。ポイ活というのはポイントサイトとかでポイントを貯める活動のことです。陸マイラーの方々がやっているあれですね。

そこそこストイックなイメージ(笑)があって今まで利用していなかったのですが、アプリのインストールやネットショッピング、旅行の予約などをポイントサイト経由にするだけでも普通にお得なんですね。

ポイントサイトの種類もたくさんあるみたいですが、とりあえず評判などを見て「モッピー」と「ハピタス」とポイント交換経由用に「ドットマネー」という3つのサイトを使い始めてみました。

それで早速ポイントサイト経由で楽天銀行、楽天カード、楽天証券を作ってポイントをもらいつつ、めでたく楽天経済圏に取り込まれました(笑)。


さて、キャッシュレスとポイ活の状況です。


【キャッシュレス決済】
・PayPay
Yahoo!Japanカードの紐付けでトータル還元率2.5%(PayPay1.5%+Yahoo!Japanカード1%)。

・Kyash(リアルカード)
楽天カードの紐付けでトータル還元率2%(Kyash1%+楽天カード1%)。

・Suica(カード)
ビックカメラSuicaカードからのチャージで還元率1.5%。
鉄道利用時はトータル還元率2%(ビックカメラSuicaカード1.5%+JREポイント0.5%)。ちなみにモバイルSuicaならトータル還元率3.5%(ビックカメラSuicaカード1.5%+JREポイント2%)になるので次回のスマホはおサイフケータイ対応端末を購入予定。


【ポイ活】
ポイントはメインでTポイント、サブで楽天スーパーポイントを貯めています。

キャッシュレス決済でPayPayに紐付けているYahoo!JapanカードでTポイント、Kyashに紐付けている楽天カードで楽天スーパーポイントがそれぞれ貯まります。

この他、ポイントサイトで貯めたポイントはTポイントに交換しています。

ハピタスは直接Tポイントに交換できないのでドットマネーを経由。モッピーも1%増量キャンペーン中のためドットマネーを経由しています。

貯まったポイントはTポイントはSBI証券、楽天スーパーポイントは楽天証券で投資信託の購入にあてています。

(ちなみに楽天スーパーポイントは交換したポイントでは投資信託の購入にあてられないので、ポイントサイトで貯めたポイントを使いたい場合は現金に交換する必要があります。)

元がポイントなので心置きなくフルインベスト!塵も積もればですからコツコツやっていきましょう。

まぁ、毎月どのくらいポイントが貯まるのか、まだ掴めてないのでまずはそこの把握からですね。

いやー、趣味は楽しい。


***

10月から予定で書いていたものからは楽天経済圏に手を出したことで少し変わりました。より良い形を模索していきます。


あ、そういえば、消費税増税後にレシートを見ていて思ったのですが、消費税は本体価格に掛かってきますがキャッシュレスポイント還元の5% or 2%は税込価格に掛かってくるんですね。ややこしや、ややこしや。




Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。