2019年7月10日水曜日

【スペイン・ポルトガル旅行】バルセロナ→トレド→リスボンで美味しかったもの

5泊7日でスペイン・ポルトガル旅行をしてきました。

せっかくなので食べたお店と美味しかったものをご紹介。

いやぁ、イタリア旅行も美味しかったですがスペインとポルトガルもまた!


▼バルセロナ


エミレーツ航空でドバイ経由バルセロナへ。

初めてのエミレーツ航空でしたがよかったです。


・Bar Rodrigo

記念すべき一食目。適当に宿の近くの大衆食堂的なところに入ってみたのですが当たりでした。



スペイン行ったらまずはパエリア!



そしてピンチョス!


・Hotel Banys Orientals 朝食


生ハム、チーズ、クロワッサン、トルティージャ(オムレツみたいなもの)、ピクルス、コーヒー、etc…。朝から満ち足りた気分。


・Tapa Tapa(Tapa Fina)

お店の名前が看板にはTapa Tapaと書いてあったんですが、ネットで調べたらTapa Finaになってました。変わったのかな?



2、3種類の具がのったちょっと贅沢ピンチョス。きのこのピクルスを使ったものもありました。



イベントでピンチョスやるのもいいなぁと思ったり。


・Gelateria Giovanni


暑かったのでジェラート。レモン味。


・Ziryab

スペインは夜ご飯の時間が遅く21時以降くらいというのが普通なんだそうです。なので昼間がっつり観光して夜ご飯を食べるともう眠くなってきます。笑

そんな訳で夜ご飯のお店は宿の近くで探しました。

人気店で予約がないと入りづらいお店みたいなのですが少し早めの時間に行ったらカウンターに入れてくれました。店員さんいい人でした。



でっかいチーズがのったサラダ、ディップのセット。



瓶の中のヒヨコ豆の上にクルミの何かとタコの何かがのった健康になりそうな食べもの。

間違えて頼んだので何という料理なのかよく分からず。



クレマ・カタラーナというブリュレ的もの。

添えられたオレンジ?のドライフルーツは食べるものなのか食べないものなのか分からずとりあえず食べておきました。


▼トレド


バルセロナからRENFEという列車でマドリード経由してトレドへ。


・La Abadía Cervecería Artesana

宿でおすすめされたレストランへ。



タパス盛り合わせ。チーズ、ディップソース、コロッケ的なもの、フリッター、キノコの何か、サラダ。



30代前半にして早くも肉をあまり量食べれなくなってきたのですが満を持して山羊の骨付き肉!ペロリ!


・Almunia de San Miguel 朝食


地下の穴蔵みたいなところのお洒落食堂。ローソクの火は本物の火。


▼リスボン


マドリードからイベリア航空でリスボンへ。

なぜか予約がキャンセル待ちの扱いになっていて座席がSBYになるという事態に遭遇するも無事リスボンへたどり着きました。結局座席も空いていたという…。

困ったことに、まぁまぁよくあることみたいです。笑


・El Corte Inglésの中のスイーツ店

El Corte Inglésはスペインの百貨店でバルセロナでもお土産の購入に寄ったのですが、リスボンにも進出していました。



ポルトガルはケイジャーダというチーズタルトが有名らしいのですが、酸味を欲して横にあったラズベリーとブルーベリーののったタルトを。


・Erva Restaurant(Corinthia Hotel Lisbon内)

泊まったホテル内のレストラン。

オーダーやお会計のシステムがよく分からず少し困りました。笑



メニューに「Tempura」とあったのでそういえば天ぷらとかカステラって語源がポルトガル語だったよなと思い頼んでみました。(調べたら天ぷらの語源はいろいろな説があるみたいですね。)

具はタラ。タレはマヨネーズでした。フリッターですかね。



グリル野菜の盛り合わせ。

のっている葉っぱはミント。下に野菜のムース的なものが潜っていました。

独特な初めて味わい。これも健康になりそう。



ビーツとイチゴのデザート。甘くないさっぱり系。



ラズベリーのデザート。見た目レバー。


・Corinthia Hotel Lisbon 朝食


港町リスボンということでイワシ(たぶん)やサーモンも。あとやはりレモンですね。



生ハムとソーセージ。



チーズ。


スペインもポルトガルもチーズと生ハムはこれでもかという物量ですね。チーズ好きにはたまりません。朝からブルーチーズむしゃむしゃ。

あと飲める人ですとワインもすごく楽しめるんでしょうね。デパートのワインコーナーの充実っぷりがとんでもなかったです。


***

今回の印象ですとスペインの方が味付けはしっかり目で、ポルトガルは比較してちょっと落ち着いた感じでした。

楽しく、また非常に良い経験となりました。


旅行をすると思うんですが、せっかく食に関わる仕事をしているんですから、逆に海外の方が日本にいらした時に美味しい体験ができるように何か貢献できたらいいなと。

頑張ります。


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年6月8日土曜日

【あしかがフラワーパーク】フラワーパークに定まった形態はない。

先週、栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」に行ってきました。

大藤とイルミネーションが特に有名ですが、今は大藤が終わりバラがメイン、これから徐々に紫陽花へというタイミングでした。

人も少なめでゆっくり歩き回ることができました。

実はこれまでイルミネーションしか見たことがなく、昼間の園内の様子を見たのは初めてでした。











いちいちきれい。手入れの細かさが尋常じゃない。

足立美術館もそうでしたが、細部にまで人の手の行き届いた自然って何かこう心を揺さぶるものがありますね。盆栽とか。


「フラワーパークに定まった形態はない」というこちらの記事がまた非常に参考になります。

農園から庭園へ、時代の変化に対応[足利フラワーリゾート]|元気印中小企業|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]


農園もやはり自由でいいと思うのです。

ファーマーズハウスさわでは現代版の里山を作りたいんですよね。

いつかあった里山の復刻ではなく、今しっかり農業をやって結果として良い感じの自然ができていたらいいなと。

そういう農業がやりたいなと思っています。


***

ちなみに足利学校すぐの太平記館に置いてあったチラシのクーポン券を使ったら入場料が半額になって、あとなぜかお菓子とクリアファイルとお土産クーポン券がもらえました。


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年6月7日金曜日

自営業者として押さえておきたい年金のポイント【人生100年時代】

年金、何かと話題ですね。

発端となったのはこちらの金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」(PDFファイル)です。

ともあれ会社で60歳定年まで勤め上げれば老後は安泰という時代ではなくなってきたということですね。

たくましく生き抜いていかねばなりません。

厚生年金がなく国民年金(受給時の基礎年金)のみの自営業者であれば尚更です。40年間欠かさず納付した場合でも、受給額は年間78万円弱です。


さて、自営業者として押さえておきたいポイントは以下の3点ですね。

①国民年金は確実に納付。納付が難しい場合は免除申請を確実に。

→終身の老齢基礎年金だけでなく万が一の場合には障害年金や遺族年金が受給できる。
→免除申請をすれば受給資格を得られる。
→保険料の半分は税金による負担。未納はただただ損。


②増額手段は付加年金、国民年金基金、個人型確定拠出年金(iDeCo)、小規模企業共済から検討。農家の場合は農業者年金もある。

→掛け金の控除や運用益の非課税等、将来の資金の準備に有利な制度が用意されている。
→さらに余裕があればNISA・つみたてNISA(小規模投資非課税制度)もある。
→変な保険に入らない。

関連投稿:【農家の年金】「農業者年金」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」はどちらを選ぶべきか


③受給時には繰り下げを検討。

→受給開始を1ヶ月繰り下げる毎に受給額が0.7%増。70歳までの繰り下げで42%増。
→付加年金分も繰り下げにより増。
→まとまった金額が必要になった場合はさかのぼっての受給も可能。


詳細は↓こちらの本など読むとある程度のところを把握できるかと思います。



年金、いろいろ考えて設計されているんですね。結果、非常にややこしいと(笑)。


流れとしては現状国民年金のみであれば、まずは月額400円の付加年金を納付。次にiDeCoや国民年金基金(もしくは農業者年金)に加入。さらに余裕があれば小規模企業共済やNISA・つみたてNISAを利用、という感じでしょうか。

関連投稿:【農家の老後】国民年金、NISA、iDeCoなど各種制度をかしこく活用

20〜30年満額で積み上げればそれなりの金額になりますね。

未納は言わずもがなですが、「年金やばい」というイメージから反射で変な保険商品などに入ってしまうのもまた悪手かと思います。

めげずに制度や運用に関する知識を蓄え、将来を見据えてできる範囲で少しずつ準備しておくことが大切ですね。

生き抜きましょう。


-----
・追記(2019-6-9)

こちらの記事がとても分かりやすく今回の年金の話題を取り上げています↓。

年金だけでは月々5万円足りない老後問題を考える - たぱぞうの米国株投資
-----


***

年金に限らずですが、これからの時代は金融教育の重要性が一層増してきますね。

自らを振り返っても…やはり早いうちに学んでおきたかったということは多々あります(笑)。

金融教育についてとても共感した記事です↓。

家庭でできる金融教育の本質 - たぱぞうの米国株投資


黄色い花


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年5月27日月曜日

QRコード決済でクレジットカード支払いが可能な『PAY ID』は導入ハードルの低さが魅力【キャッシュレス】

最近キャッシュレスの話題が盛んですね。



さわでも「PAY ID」というQRコード決済サービスを使えるようにしました。

こちらで用意したQRコードをPAY IDアプリで読み込んでもらい、金額を入力して決済という流れになります。

利用者としてはPAY IDのQRコードを経由してクレジットカード(VISA/MasterCard)での決済が可能になります。


BASE(ベイス)」というECサービスを経由すれば5分程度ですぐに使い始められます。

導入するにあたっての初期費用はゼロ、専用機器も不要です。

決済手数料(お店側が払う手数料)は2.9%になります。

導入にあたってのハードルが低いため、とりあえず試しにキャッシュレス対応してみたいという場合にちょうどよい感じですね。


結局、使いやすさではSuicaやQUICPayなどの非接触型決済に劣るコード決済の利点は、導入に専用機器が必要ないという事業者にとっての敷居の低さと、利用者側にNFC(おサイフケータイ)対応のスマホが必要ないがないというトータルの簡便さなんですよね。


***

ちなみに、PAY IDのご利用(支払い)にあたってはアプリへのクレジットカード(VISA/MasterCard)の登録が必要になります。

その際、直接クレジットカードを登録せずに「Kyash」というスマホから簡単に作れるVISAカードをかませることでポイントの二重取りができるのでオススメです。


①クレジットカードをKyashに登録

②KyashのリアルカードorバーチャルカードをPAY IDに登録

③PAY IDで決済


上の手順でPAY IDアプリを準備することで、クレジットカードのポイント還元率+Kyashのポイント2%が貰えます。

ちょっと面倒ですが(笑)。


***

閑話休題。

さらに本格的にそれなりの数の決済を捌くのであれば、クレジットカードからSuicaやQUICPay、QRコード決済にもまとめて対応しているAirPAYなどが選択肢になるでしょうか。

決済手数料に関しては小規模事業者としては正直厳しい面もありますね。

キャッシュレス化がコスト削減につながって吸収されれば一番いいですが、されなければ結局は価格に跳ね返すのか、我慢するのかという話になってしまいます。

過渡期は舵取りが難しいですね。


・関連投稿
【追記あり】生活スタイルに合わせたキャッシュレスとポイント還元を考える。(2019年4月時点)


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年5月25日土曜日

塗装の剥げた立て看板を黒板スプレーで修復する

大雨が降ったかと思ったらまた暑い日が続きますね。定植したばかりの夏野菜やホダ化中の椎茸も気の抜けない日々です。



さて、イベント時に使っている立て看板がそこそこボロボロになってきました。水性ペンで描くタイプのものなのですが塗装が剥げてきちゃったんですね。

Amazonの履歴をみたら2015年に購入していました。4年…まぁ微妙なところ(笑)。

でもまぁ水性ペンで描くタイプではなくチョークタイプの看板もいいなーと思っていたところだったのでちょうどよいかなと。

思っていたら先日、植田町にある月海(Ruu)の今野シェフに黒板スプレーなるものがあることを教えもらったのですね。


こちら。



安い…!

立て看板をまるごと買い直すと5千円くらいはしますからね。今のものも処分しないといけないですし。ということで、早速黒板スプレー購入。色は緑にしました。

ちなみに今野シェフは何でも自作してしまうDIYの達人です。お店の内装や外装も自分でやっているそうです。


ということで…



マスキングテープを貼り…



いざ塗装…!



完成。めちゃ簡単!

実作業時間3分くらいですかね。スキルゼロでもけっこうきれいにできました。天気のせいもあるかと思いますが乾くのも早かったです。

便利なものがありますねー。

スプレーも全然使い切らなかったので今度また剥げても直せます(笑)。


ということで、次回イベントから看板はチョーク描きです。楽しみです。





Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年5月17日金曜日

動力無し三年寝太郎/リスとタヌキ

今週始めにミニきゅうりとズッキーニの定植を行ったのですが、雨が少なくて畑がカラカラでございます。

昼間の日差しにちょっとへたり気味。



ということで、サイホンで水を引きつつ溝を掘って水を流しました。

動力無しで水を引けるサイホン、便利ですよね。小学生の時に課外授業か何かで習った気がします。



なるべく全体的に水が行き渡るように溝も掘りました。三年寝太郎方式です。


***

リス

さてさて、猫たちが何かにご執心と思ったらリス…!

いるんですね、家で初めて見たような。無事に逃げ切れただろうか…。


タヌキ

リスがいたと思ったら今度はタヌキ!雨宿り?何でそこで寝てるの…?


タヌキ

逃げない。全然逃げない。なぜ逃げない。


タヌキ

ぽんぽこタヌ太郎、もういろいろダメなのかと思ったらのそのそ山に帰って行きました。よかった。


ちなみに猫たちは遠巻きに眺めてました。やっぱり自分より身体が大きい生き物には向かっていかないんですかね。

でもそこそこ大きなキジのことは狙ってる気がするのですよね(笑)。


最近、そこら辺に野生動物が多すぎやしませんかね(笑)。




Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。

2019年5月13日月曜日

田植えが終わりました。(2019-5-13)

田植え

天気にも恵まれ今年も無事に田植えが終わりました。

一昨年、昨年と田植機の調子が少し悪かったのですが、今年は機械屋さんにまるっとメンテナンスしていただいたのでばっちりでした。

やはり農機具を大事に長く使うのであればメンテナンスは欠かせませんね。

また、昨年の稲刈り後に山砂を入れたり積もった土を運んだりしたおかげで、田んぼの凸凹もだいぶ落ち着いてきたようです。


さてさて、ここのところ毎年一筋縄ではいかない天候・気候が多いですが今年はどんなものでしょうかね。

おいしいお米を目指して頑張りますー!


Twitter(@nkkmd)、Instagram(@nkkmd)も日々更新中です。