2022年2月10日木曜日

最新のアメダスのデータを取得するWeb APIを作りました。

自作スマート農業の基本装備とすべく、最新のアメダスのデータを取得するWeb APIを Python + Flask + Heroku の構成で作ってみました。

下記URLの最後(=の後ろ)に5ケタの観測所番号を付与してアクセスしますと、最新のアメダスのデータがJSON形式で返ってきます。

https://weather-nkkmd.herokuapp.com/amds?point=5ケタの観測所番号
※ URLが変更になりました。

とりあえず挙動としては先日GASで作ったものと同じで、「気象庁から提供されているJSONから、当該観測所の最新データだけを持ってくる」というだけのものです。


継続的に運用予定です。商用・非商用にかかわらず、どなたでもご自由にお使いいただけます。ただ、サポートや品質保証等はできませんのでご理解の上でご使用ください。

今後は「栽培データ検索システム」の方で、バージョン情報等更新していこうと思います。


余談ですが、Herokuへのクレジットカードの登録は、バーチャルプリペイドカードでもいけました。


落書き


・関連投稿



Twitter(@nkkmd)日々更新中です。