2018年6月18日月曜日

【バッファゾーンのデザイン】「山で遊ぶ」をもっと身近に!

最近、興味を持っているバッファゾーンのデザイン。

「人里」から「奥山」へと至る中間に「里山」というバッファゾーン、緩衝地帯があることが自然と人とがゆるやかに付き合っていく秘訣なんだと思います。

昔は生活(仕事)の中で山を使い、里山という環境が自然と形成されていました。でも今はそういう使い方はできません。と言うか、必要がなくなってしまいました。

実際さわでも農業という比較的自然相手の仕事をやっていて家の真後ろに山を背負っていても、ほとんど使いません…。


なのであればいっそ遊ぶ場所としてオープンに提供してしまったらどうかそれが結果としてバッファゾーンになり得るのではなかろうか

今回その実験として、ファーマーズハウスさわの「山で遊ぶ」を作りました。


【一日プラン】山で遊ぶ(お土産付き) ¥1,000(税込)

【年間プラン】山で遊ぶ(月額料金) ¥1,000(税込)


簡単なプランの説明ですが、まず単発一日の利用が1,000円になります。お土産として季節ごとの農産物または加工品が1,000円分付きます。

継続的な利用をご希望の場合は、月額1,000円の年間パスがあります。一年間いつでも使えます。こちらはお土産は付きませんが、一日あたりだと33円くらいになります。(ちなみに、いろいろ採集すればけっこうもともとれるんじゃないかと…。)

中学生以下は無料です。保護者の方が同伴してください。その他詳しくはリンク先ショップの各プラン詳細をご覧ください。


山で遊ぶ

今のところ想定している利用としては以下のような感じですかね。

・ハイキング
・お弁当を食べる
・写真撮影
・犬の散歩
・虫や植物の採集
・植栽
・研究活動
・アートな活動
・トレーニング


遊びじゃなさそうなのもちょっと入っていますがその辺はざっくりと。

もちろん山の環境を考慮していただきながらにはなりますが虫や植物の採集も可能ですし、逆に何か植えて育ててもらっても大丈夫です。自然公園などよりはもう少しいじって遊べる場所にしたいと思っています

他にもいろんな使い方ができるかと思いますので何かありましたらぜひご相談ください!

ただ林内での喫煙含む火の使用については禁止させていただこうと思っています。(ちなみにバーベキューは農園の方で可能です。)


おそらく都度調整は必要になるかと思いますが、「山で遊ぶ」をもっと身近にできたらいいなと思います

立地としてはこんな感じ。都内からも高速使えば2時間台です。

さわとしては山情報をTwitterでつぶやきつつ、林内の整備も進めていきます。どうぞ!どしどし遊びに来てください!


・関連投稿
バッファゾーンのデザイン(2018-6-13)