2022年10月29日土曜日

これからの農業経営を考える。あと、就農時にできていて良かったこと。

きな粉ときくらげ

さわでは、「既存農地」「家族の労働力」「自己資金」の範囲で農業経営をしています。

ただ、ここ5年位は足元を固めることを最優先にしていたため、手元の運転資金はけっこうカツカツで回してきました。

しかし、足元についてはおおよそ目処が立ってきたので、厳しさを増す昨今の環境を鑑み、今後は運転資金を少し厚めに確保したいと考えています。

具体的には売上高現預金比率を50%程度で維持できたらなと。(参考投稿:「新たな農業経営指標」による経営状況の自己チェック

それでも対応できないような次元でめちゃくちゃ状況が悪くなり、万が一農業が続けられない(赤字になる、借り入れが必要になる)ような事態に陥った時には、極限まで規模を絞り兼業化、復活できるタイミングを待ちます。

これが可能なのが、「既存農地」「家族の労働力」「自己資金」で農業をやる強みですね。乾眠クマムシ作戦。

馬力の出るシチュエーションというのは人それぞれかと思いますが、私は守備型なので、二手先くらいまで選択肢を用意しておくことでパフォーマンスを上げやすくなります。(精神的に安定するのだと思います)

これからの農業の本流が規模拡大や法人化の先にあることは間違いなさそうですが、個人レベルの職業としての正解は人それぞれ。あえて流れに乗らないものもひとつですね。

もちろん、単純な興味という意味では、企業的農業経営も面白そうだなあと感じるのですが、かと言って自分にその舵取りをする才覚があるとは思えず、尚且つ覚悟もモチベーションも湧いてこないので、たぶん向いていません。

28歳くらいで就農しましたが、良かったなと思うのは、初期からある程度自身の適性を把握した状態で臨めた点です。

この頃は、SNS 等で湯水のように情報に触れることができるため、逆に自身の適性とは異なる方向に流されかねないという難しさもあるかもなあと感じています。SNS 上での言説の趨勢と実際のあれこれというのは、やはり幾分乖離していますよね。

ちなみにもうひとつ、青年就農給付金(現在の農業次世代人材投資資金)を使わずにできたことも良かったなと思っています。

撤退せざるを得ない状態になった時に返還対象になるときついなという守りの判断の末ですが、結果、都度方向転換しつつ自由に経営の形を作れたことが、私の場合はプラスに働いたように思います。

よく話題にあがる制度ですが、農業の間口を広げるためには良い仕組みだと思います。一方で個人にとっては簡単には退けなくなるので利用には細心の注意が必要だと感じています。




・関連投稿




Twitter (@nkkmd) 日々更新中です。